次々と通信講座
ホーム > ペット > 犬は家族をランクづけする

犬は家族をランクづけする

うちの犬は、家族をランクづけしているだろう。間違いない。

まず、母がかえってきたとき、愛を与えてくれる母に対してはもう、しっぽを振りまくって全力で喜ぶ。私と戯れていても、お構いなしで、母の車の音が聞こえるとそっちに向かって鳴く。母、羨ましいな。

次に父、父のことは相当遅れているんだろう。しつけを強いられるのが犬は嫌そうだった。いじめのようなことをしていたときもあった。だから、父の足音が聞こえるだけで犬はおびえる。

でも、家の中で一番偉い人という認識はあるようで、例えば、原っぱで放飼にしていると、こっちこい!という声と共に、すぐに走ってくる。従いたくないけれど、従わなければいけない存在という感覚なのだろうか。
ドクターデンタルワン ワンデル 比較

次に私。

私のことは友達かなにかだと思っているのだろう。いつもなついてくるし、なつかせてくれた。一緒にたくさん散歩にいったし、辛い時はいつも寄り添ってくれた。

寝る時間なのに、わたしが話しかけると起きて、しっぽをふって元気付けてくれた。

弟に対しては、完全に下にみていたようだ。弟は犬と同じタイミングでうちに来たし、自分より下のやつだとおもっているのであろう。弟がお尻を触ると怒っていたのが懐かしい。

犬は家族をランクづけする。これは間違いない。